HOME >

基本のビジネスマナー

笑顔、清潔感、姿勢

自分では全く意識しないしぐさでも、他人からは不愉快に思われることがあります。また、気分が態度に表れてしまうこともあるでしょう。癖として染み付いてしまっている自分のしぐさに、いつも気をつけるということは難しいですが、人に嫌われる態度だけはしないように常に心がけておきましょう。

まずは表情です。いつも笑顔が理想ですが、仕事中はそうもいきません。少なくとも明るい表情で前向きに仕事に取り組む姿勢が必要です。「目は口ほどにものを言う」とも言います。目の表情、視線にも気を配りましょう。

上司が仕事の説明をしているときに、視線が落ち着きなくふらふらしていたら、仕事を任せて大丈夫なのかと不安になってしまいます。もっと言うと、あごの角度一つでも印象は変わります。あごを上げていると偉そうに見えますし、前に出すと媚びた感じになり、逆に引きすぎると臆病な雰囲気になります。

動作もきびきびとしていると良いです。動作が遅いとだらしなく見え、仕事がいやなのかと思われてしまうこともあります。歩く姿にしても、いかにも疲れたように肩や腰を落としてだらだら歩くよりは、胸を張ってリズミカルに歩いた方が美しいし、仕事に対する意気込みが感じられます。

清潔感は服装に気をつけることも大切ですが、歯、爪、耳あかなど、最も基本的で目につきにくいところに気を配ることも重要です。目につきにくいところに気を配れる人は、仕事でもきめ細かな対応ができているはずです。

顔の造りは骨格の問題があるので変えることは容易ではありませんが、ちいさなことに気をつけるだけで、外見から受ける印象を変えることもできるのです。