HOME >

応対のビジネスマナー

名刺交換

名刺交換は、これから一緒にお仕事をする、その関係を作るはじめの一歩です。ここでしっかりとしたマナーを心得て、良い関係を築いていきましょう。

名刺を持つということは「会社の正式な構成員として認められ、組織の一員として行動している」という意味です。これは、相手の名刺を受け取ったら、会社対会社としてきちんとお付き合いをしなければならない、ということも意味しています。

また、名刺に書かれた会社名、役職名がその人を判断する基準となるのがビジネス社会です。「名刺はその人の分身」と言われる由縁です。そのため、名刺を受け取るときは相手の身代わりだと思って丁寧に扱いましょう。

 

自分の名刺も同様です。訪問に出かける前に、名刺が汚れていないかチェックします。財布や定期入れに入れたりせず、専用の名刺入れに入れておき、必要なときに取り出せるようにしておきます。

そして、名刺を渡す際も一定のルールがあります。普通は目下のものから目上のものに出します。訪問のときは、訪問者から先に出します。社名、氏名を名乗り、相手から見て名刺が正面になるように差し出します。お互いがいすに座ってからの名刺交換になっても、座ったままで差し出しては行けません。たとえ相手が座ったままだったとしても、自分はきちんと立って名乗りましょう。

 

また、名刺は手渡しが礼儀です。相手の胸の高さに合わせて両手で差し出します。出された名刺は軽く会釈して、必ず両手で受け取ります。指が相手の名前の上にかからないよう、下の両角を支えるように持ちます。

受け取った名刺はその場で目を通し、名前の確認をします。用談中はテーブルの右上に置いておいてもかまいませんが、書類の下敷きになったりしないよう注意しましょう。

帰るときには名刺入れにしまいます。はだかのままポケットにしまうのは失礼です。名刺はあくまでも相手の分身だと思って、丁寧に扱いましょう。メモ代わりにするなどもってのほかです。