HOME >

その他のビジネスマナー

ビジネス英語

グローバル化が進む今日、国内向けの取引のみをおこなっている会社であっても、ある日突然海外からの引き合いが、ということもあり得ないことではありません。そんなときのために、まず覚えておきたいのが電話でのビジネス英語です。電話応対はさまざまな英会話のシーンの中でも、顔を見て話すことができないため、難しいとされています。

想像してみてください。いつも通りに電話に出てみたら、見知らぬ外国人が英語でしゃべっている・・・。そんなとき、一番大切なのが慌てないことです。慌ててしまっては、聞き取れるものも聞き取れません。では具体的にどうすればいいのかというと、ゆっくりしゃべることです。

ゆっくりしゃべれば、相手もつられてゆっくりになることもありますし、なにより自分を落ち着かせることができます。そして、自分では対応しきれないと思ったら英語が話せる人に代わってもらえばよいのです。

英語での電話応対にはいくつかの型があります。まずはそれを覚えてしまいましょう。名前と会社名を確認する場合、「May I ask who is calling?」や「May I have your company name?」とたずねます。英語ができる人に代わるのなら「I’ll get someone who speaks English」と言えばよいのです。だれかに取り次ぐよう先方は求めているが、その人が席を外している場合、「He / She is not in his / her desk at this moment」と言い、お休みならば「He / She is off today」,

外出中は「out」で十分です。

あまり難しい言い回しを覚える必要はなく、簡単な語句を使い、率直に誤解のないようわかりやすく伝えることが肝心です。それに英語で話しかけてきたからと言って相手も英語のネイティブとは限りません。英語は国際語なのです。自分の会社名の英語での言い方と「Hello」のあいさつを元気よくしましょう。