HOME >

ビジネス以外の一般的なマナー

食事のマナー

どんな席でも堂々と落ち着いて食事ができるように、食事のマナーを身に着けておきたいものです。ここでは和食のマナー、洋食のマナーをはじめ、その他の料理での所作やふるまいについて紹介しています。

「和食のマナー」

正しく箸を持つことは、和食のマナー上、欠かせないことです。

箸の持ち方は鉛筆などと違い、家庭でのしつけが主になるもの。持ち方にこだわらない親御さんのもとで育った場合、持ち方が違うことに気づかないまま、大人になっている方も少なくありません。

それが悪いことではありませんが、マナーを身に着けるなら、正しい持ち方を知っておくことも必要だと思います。

 

箸をきれいな所作で持つには、作法があります。

箸は手に持つ太いほうを右にして置かれているので、左手で箸の中心あたりを持ちあげ、箸の下から右手を添えるようにして持ちます。

箸は太いほうから3分の1の場所を持つと、バランスよく使うことができます。

そうすると優雅に見え、きれいに手にすることができます。

箸は親指、人差し指、中指の3本で支えて使います。中指は上下の箸両方に触れている状態に。

上になった箸1本を、親指・人差し指・中指の3本で操りながら使います。箸を閉じるときは、箸先がピタっとくっついて、細かいものでも挟み込めるようになっているはず。

これが出来ないと、滑るものや小さいものは掴めずに、こぼしやすくなります。

食品に箸を突き刺すことや、食器を箸で引き寄せるなど、箸づかいのタブーもいろいろありますが、まずは正しい持ち方と、操り方を覚えるとよいでしょう。

 

箸を置くときは、左手を箸の下に添えておいて、右手は右へ滑らせてから、箸を上から持ちます。

そのまま、箸置きにそっと置きます。

あくまでも右手で操作して、左手は添えるだけ、というのが基本です。

食事中でも食後でも、箸は直に膳に置かず、箸置きを使います。箸置きがない場合は懐紙を折るなどして、代用しましょう。

 

和食と洋食のマナーの違いは色々ありますが、一番の違いは、和食では持てる食器は持って食べるということです。

しかも食器を持ってから箸を持つのがマナー。難しいですね。

まず食器を両手で持った後に、右手は離して、箸を上から持ち上げます。

食器を持ったままの左手の、薬指と小指で箸先を支えるようにして、右手は箸を持ち直します。

これはなかなか、スムーズには出来ないので、機会があれば練習しておくことをお勧めします。

 

和食の食材で、最も重要なのは魚の食べ方だと思います。

和食では魚は必ず頭が左側になっています。身を食べるときは、頭の方から順々に食べます。

1尾丸ごと出てきた場合は、中骨に沿って箸を入れ、まずは上半分を。食べ終えたら頭を左手で押さえて中骨を外し、頭と骨を身の向こう側へ置きます。

魚をひっくり返さずに食べ進めるのがポイントです。

付け合わせのものもキレイに残さず食べるのもマナーのうちです。刺身だけを食べて、大葉やつまを残してしまうのは、行儀の悪いことなのでやめましょう。

 

洋食のマナー

和食との一番大きな違いは、食器を手で持って移動させないという点です。

皿は置かれた場所から動かさず、グラスも注がれている時は触りません。

ナイフやフォーク、スプーンは並べられた外側から使います。使い終わったら並べて皿の上に置きます。この時、ナイフは外を向いてないように。フォークの先は上を向いていないように注意します。

食事の途中でフォーク類を離すときは、ハの字に広げておきます。

スープは手前から奥に向かってすくい、音を立てずに飲みます。残りが少なくなったら、左手前に皿を持ち上げ、右奥にたまったスープを飲むようにします。

魚料理は、基本的に骨を抜かれて出てきますが、もしも骨があるようなら、フォークで左端の骨を押さえ、骨の下にナイフを入れて身を外します。

外した骨は、皿の向こう側に置きます。

洋食の場合は、全部食べなくてもマナー違反ではありません。しかし残したものが見苦しい状態なのはいただけないので、汚くならないように注意しましょう。

 

おもてなしを受ける際、和食や洋食に限らず、中華などアジア料理や、アフリカ・南米の料理などをふるまわれることがあります。

そういった場合は、楽しく食事をすることを第一に、わからないことは教えてもらいながらいただくと、コミュニケーションも取れます。

おいしくいただくこと、音を立てないことなど、基本的なマナーに気を付けながら、感謝していただきましょう。